誰かに教えてという課題でコミュニケーション深まるの巻

誰かに教えてという課題でコミュニケーション深まるの巻

きままハウススタッフ みやちゃんのほのぼの日記deco~otomedojo~243

みてくださーい。じゃじゃん♪

これね、通信の認定講師さんが練習台として教えてあげた方の作品です。
(んとね、B6サイズの作品を描いた後、誰かに教えてという課題があって認定講師さんが教えた初めての生徒さんの作品ってことです。)
認定講師養成講座課題提出として届いた2通の封筒の中に同封されてた作品です。上手ですね~。

きままハウスのパステルアート認定講師養成講座の最終課題に
「じゃぁ~身近な人を相手に、講師として教えてあげましょう!」頑張れ~エイエイオー!
というのがあります。
みなさん、それぞれ お友達やご家族など…。まさかのご主人や、奥様に描いてもらって協力を得るようになったなど、なんとも微笑ましいことです。
どなたにも共通するのですが、それはそれはもう楽しく講師をしてくださっているんですね。
教える楽しさを実感される方もすごく多いです。うれしい感想ににんまりしちゃいます。
で、今回のこちらのお二人ですが、たまったま 息子さんに描いてもらったみたいですね

最初この絵を見たとき、あぁ~、男性が描いた絵だな とピンときました。なぜか不思議とタッチがくっきり力強いんですよ…。これ、教室やイベントで教えてる時もよく感じます。やっぱり男の子だなぁ~とか、さすが男性だなぁ~とか。
しかも、この二人すっごくうまいです。みやちゃんたじたじですわ(笑)
うん。教え方上手なのか?はたまたセンスがあるのか?こちらの2つの絵、本当に上手に綺麗に描けてます。すごいな~

「久しぶりに息子と楽しい時間が過ごせたので幸せになりました。」とか、息子さんからの、こーしたらいいよあーしたらいいよの逆アドバイス等…。
素敵な親子関係に( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイですよ~

その時の状況が目の前に浮かんで とってもあったか~い気持ちになりました。

・・・まぢ、うますぎるんですけど。どーしよ、これ。

 

※誰かに教えての課題提出に関しては、絵を教えた時の反省点や難しかったところ、発見したところ、喜んでもらえたところ等 教えることへの体験を基にアドバイスをさせていただいております。絵の出来上がりではなく、教えての感想重視としていますので 本当にどなた対象でもOKです。楽しく実践をしてみましょう。

 ←心温まる感想文ありがとうございます。そんけー

応援ポチをぽちっとしてくださるとうれしいです。

今井りえ作品集はこちら

きままハウスの資格認定講座のご案内はこちら

お問い合わせ・ご注文:お絵かき工房 きままハウス ℡0766-44-4810

認定講師の皆さまへお知らせです。
きままハウスでは毎月新作が続々登場!2017.02.25更新312の作品を見ることができます。
ブログを見てこんなの教えてみたいな。描いてみたいな。と思われた方はぜひお問い合わせ下さい。
テキストセットを認定講師特別価格でご提供しています。
詳しくはフェイスブック又はきままハウスまでお問い合わせ下さい。

アートインメッセージのブログはこちら→C-ブログ

         

サブコンテンツ
  • 送料・お支払
  • カートを見る

このページの先頭へ