「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」の巻

「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」の巻

きままハウス スタッフ みやちゃんのほのぼの日記deco~otomedojo~243

13162441_969042833212012_394746290_n

どうよ!素敵~っ!!

今月のテーマは「シャクヤクと蝶」でーす。

13184793_969042879878674_1589270562_o 13112673_969042806545348_2145655998_o

シャクヤクと言えば、、、

美女の形容として「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」ってーのがありますが、そのシャクヤクです。

注釈をお借りするならば、

芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば。芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。百合は風を受けて揺れるさまが美しい。これらのことから、芍薬は立って見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説がある。また、芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、牡丹は美しい女性が座っているよう、百合は美しい女性が歩く姿のようだなど、諸説ある。単に「立てば芍薬座れば牡丹」とも、「立てば芍薬居(とと)すりゃ牡丹歩く姿は百合の花」ともいう。

へーー、シャクヤクはすらりとしているので立ってみてね。ってことなんですね。へーへーへー。

13161157_969042853212010_1705320265_o

わー、なごむ~~。

午後からもアトリエ教室で「シャクヤクと蝶」を描きますよ。じゃーねー。

 

 シャクヤクは立ってみるべし!そんけー

応援ポチをぽちっとしてくださるとうれしいです。
今井りえ作品集はこちら

きままハウスの資格認定講座のご案内はこちら

 

認定講師の皆さまへお知らせです。
きままハウスでは毎月新作が続々登場!2016.05.01更新。249の作品を見ることができます。
ブログを見てこんなの教えてみたいな。描いてみたいな。と思われた方はぜひお問い合わせ下さい。
テキストセットを認定講師特別価格でご提供しています。
詳しくはフェイスブック又はきままハウスまでお問い合わせ下さい。

         

サブコンテンツ
  • 送料・お支払
  • カートを見る

このページの先頭へ