私がパステルアート認定講師になった瞬間(とき)!

私がパステルアート認定講師になった瞬間(とき)!

きままハウス スタッフ みやちゃんのほのぼの日記deco~otomedojo~243

私がきままハウスのパステルアートの認定講師になろうと思ったきっかけは、たーまたーまりえ先生の絵に出会ってなんです。友達のお母さんが習ってた絵を見て「私も描きたいな~」と連れて行ってもらったのが始まり。
んで、楽しく定期的に通っていた教室のある日のこと。
たまたま予定がなく急遽パステルアートを描くために、予約をしてアトリエに伺ったあの日のこと。
今でも鮮明に覚えています。2008年の初夏。ちょうど今ごろの季節です。

あの日、アトリエの扉を開いて
「おはようございま~す。」
そこにたまたまいた、りえ先生と(サークルCの看板のPOPを書いていた)会ったことのないしーちゃん。
「あれ?もしかして、今日私だけですか?」
・・・どーやら、二人で認定講師を作ってみようか?と話をしていたところらしい。
いきなり、りえ先生から
「ねーねー、なんかさー、認定講師ってゆーのはじめようと思ってるんだけど。まだ、ちゃんと決まってないんだけど。
モニターってゆーか。実験台ってゆーか。そんながあったら、する?」
「する~。」と、よくわからんけど 返事をしたのがそもそものスタートでした。
あれは、偶然?たぶん必然。たまたま声をかけられたのが、私でした。ノリ?

その時は、別に認定講師として人に教えたいとか、そんな気はさらさらなくって。
今井りえのパステルアートが大好きで大好きでたくさん絵が描きたいと思っただけで。
とにかく、パステルアートがしたかった。ただ、それだけでした。
夢中だったんですよね。絵を描くことに。
だって、絵心がない私にだって描けちゃうんだもん。すごいですよ。

2330 ← え?これホントに私描いたん?
「飛鳥Ⅱ」朝陽バージョン、こーんな私にも描けちゃうんだからね~。今でも信じられません。
きままハウスのパステルアートだから、たった9色だけで描けちゃうんですよね。

先日、認定講師さん達に興味を持ったきっかけや認定講師になろうと思った理由をお伺いしました。

教室展での感動や、対面での体験での衝撃。ならば私がと、認定講師になって広めようと思った。
パステルという教材が好き。気軽な色遊びを教える手軽さに興味を持った。
絵が描けない私にも描けた。絵が無縁と思っている人に楽しさを伝えたい。
「草原と羊」の絵にヤラれた。認定講師というよりもいろんな作品を描きたい。
昔から絵は好きだった。自分が下手でも認定講師になれるというところが魅力。
他のパステルアートの資格を持っているけどちょっといきづまっちゃって。ちゃんと習いたい。
イベントでの体験がきっかけ。気軽に描けるこのパステルアートの感激を伝えたい。
友達に誘われて。絵の優しさにはまった。習うならしっかりと習いたい。

みなさん、それぞれのきっかけやそれぞれの想いがありますよね。

きままハウスの認定講師さんになったきっかけはいろいろ・・・。
気になってくれてありがとー。一歩踏み出してくれてありがとー。

通信講座をはじめてから、全国にたくさんの認定講師さんが誕生されました。
手紙に綴られている言葉、メールから伝わる心。離れていても身近に感じます。
みなさんの偶然のきっかけが、「夢」となり「かたち」になるよう私たちも努力します!

 

全国のきままハウス認定講師さんの紹介は→こちら

私も認定講師になってみたいな~の紹介は→こちら

きままハウス認定講師間山律子先生に聞きましたの紹介は→こちら

 

←ぽちっとしてくださるとうれしいですそんけー

         

サブコンテンツ
  • 送料・お支払
  • カートを見る

このページの先頭へ